皇帝マキシミリアン1世のかつての兵器庫には現在、チロルの文化史の博物館があります。まず最初にチロルの地質学と鉱物学の展示をご覧いただけます。続く部門では、様々な時代の特徴的な事柄についての展示されています:鉱業、宗教、ナポレオンの時代、観光の発展と世界大戦に代表される19世紀。ハイライトの中には、1556年のシュヴァーツの鉱山本(チロルの鉱山業を記録・紹介した本)、1520年の最初のヨーロッパ道路掛地図、そして18世紀のペーター・アニッヒの大地球儀などがあります。様々な時代の展示品の入った引き出しは新しい発見と驚きへと誘います。ツォイクハウスは、家族で楽しめる博物館です。

2018年 閉館日
1月1日
12月25日、31日

2018年 入場時間が変わる日
2月13日(謝肉祭の火曜日):9時~12時
10月6日:オーストリア国営放送の博物館の長い夜:9時~17時、18時~翌日1時まで
12月24日:9時~17時、入場無料

お問合せ・連絡先
電話:+43/512/594 89 – 313, anmeldung@tiroler-landesmuseen.at