RLB 文化賞 2016年

チロルライフアイゼン・チロル州立銀行はチロルの若い世代の芸術家育成のため、2004年にRLB文化賞を設立しました。この造形美術賞は一年おきに授与されます。対象はチロル州生まれ、あるいはチロル州に住んでいる40歳までの芸術家です。優勝者には賞金が1万ユーロ、ふたつの奨励賞は賞金各4000ユーロが与えられます。優勝者の作品はフェルディナンデウムで展示されます。これまでにトーマス・フォイヤーシュタイン(2006年)、クリストフ・ヒンターフーバー(2008年)、アンニャ・クラウトガッサー(2010年)、クリストフ・ライトマイヤー(2012年)、ミヒャエル・シュトラッサー(2014年)の作品が優勝者として紹介されました。2016年11月半ばに新しい優勝者が発表されます。