戦争時の隣人愛
1918年までの衛生兵

アルト・カイザー・イェーガー会とベルクイーゼル基金の特別展示会は19世紀始めから第一次世界大戦の終戦までの負傷者の手当てを紹介します。近代的な戦争においてかつて見られなかったけがをしたり病気になりました。その数は数百万人にのぼりました。そのうち数えきれない傷病兵は手足を失い、義肢を使ったケースもあれば使わないケースもありました。彼らはその現実と向き合わなければなりませんでした。当展示会は野外手術、医療技術、衛生兵の実情と当時の投薬法に対する理解を深めさせます。