1938年~1945年の芸術

他の州のようにチロルでもナチスがふるう暴力が激しくなるにつれ芸術家の活躍できる環境が悪化しました。亡命した芸術家もいたし、自分の芸術を新しい芸術の好みに合わせた芸術家もいました。誰が時代にうまく乗ったのでしょうか。誰がナチの芸術家、自身の芸術が「退廃芸術」と称された被害者、加害者だったのでしょうか。当展示会は戦争とイデオロギーの影響が深かった時代をのぞき見ます。目的はチロルでのナチの時代の芸術を見せる事です。それは容認されるか、イデオロギーとして理解されるか、否定されるかナチの独断で決まりました。